WordPress サイトマップ生成プラグイン【PS Auto Sitemap】インストールと導入方法

こんにちは~・・一之瀬です。

【PS Auto Sitemap】は、WordPressブログ内にサイトマップを自動で作ってくれるプラグインです。

ちなみにサイトマップとは、【目次】という位置付けですね。

サイトマップには『検索エンジン用のサイトマップ』【Google XML Sitemaps】と   『ユーザー用のサイトマップ』【PS Auto Sitemap】があります。

今回の【PS Auto Sitemap】は、ブログに訪問ユーザーさんが情報を探しやすくするためのプラグインです。

これまでに記事を作成されたものがサイトマップとなって表示されます。(当記事の最後のサイトマップ画像参照)

それでは、導入方法を解説していきます。

PS Auto Sitemapのインストール

WordPressのダッシュボード画面の左メニューから                   【プラグイン】⇒【新規追加】をクリック。

次に、プラグインの検索窓に【PS Auto Sitemap】と入力し『Enterキー』を押します。

PS Auto Sitemap】が出ましたら『今すぐインストール』をクリック。

下の画面になりましたら、『有効化』をクリック。

この画面になりましたらインストールが完了しました。

左メニューの【プラグイン】より、インストール済プラグイン覧に            【PS Auto Sitemap】が追加されたことが分かります。

 

固定ページにサイトマップを作成

ダッシュボード画面の左メニューから                        【固定ページ】⇒【新規追加】をクリック。

タイトルに【サイトマップ】と入力し、一旦【下書きとして保存】をクリック。

<URL/wp-admin/post.php?post=〇&action=edit>の〇の部分の数字はそのページの    記事IDなのでコピーしておいて下さい。(あとの設定で必要です)

 

サイトマップの設定方法

ダッシュボード画面の左メニューから ・・                        【設定】⇒【PS Auto Sitemap】をクリック

PS Auto Sitemap】の設定画面です。

『サイトマップを表示する記事』に先ほどコピーした記事IDの番号を貼り付け、      【変更を保存】をクリックします。                                 ちなみに、『スタイルの変更』は【シンプル2】にしてます。

更に下にスクロールしますと、ご利用方法内の赤枠部分の                  <!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>をコピーしておいて下さい。

次に、【固定ページ】の<サイトマップ>をクリック。

【固定ページを編集】画面にて                                   

【テキスト】をクリック

② 先ほどコピーした文字コードを貼り付けます。

最後に【公開】をクリックします。

先ほど固定ページに作成したサイトマップを見てみましょう。

Google検索エンジンから自分のブログに入って、固定ページ覧の【サイトマップ】を見て下さい。                                         下の様にサイトマップが表示されます。                           (表示されてるスタイルは【シンプル2】です。他のスタイルも色々試して見て下さい)

 

以上で、サイトマップを作るプラグイン【PS auto sitemap】のインストールと導入方法でした。

サイトマップは後で記事を更新すれば自動で追加してくれる便利なプラグインです。

ぜひ導入して下さい!

それでは・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする