【常時SSL化】http→httpに変更する方法

常時SSL化とは、webサイトを「暗号化(https化)」することをいいます。

SSL化の設定は無料でエックスサーバーにて設定が出来ます。

それではSSL化の設定の説明をします。

エックスサーバーで独自SSLの設定

エックスサーバーのサーバーパネルにログインし、                                                     サーバーパネルのメニュー右上のドメイン項目の【SSL設定】をクリック。

ドメイン選択画面で、どのドメインをSSL化に設定するのかを選択をします。                    対象ドメインを『選択する』をクリック。                            

『SSL設定の一覧』画面が表示されるので、右の【独自SSL設定の追加】を選択。

『サイト』欄のURLを確認後、【独自SSL設定を追加する(確定)】をクリック。

 

※CSR情報のところは特にチェックしなくてもよいです。     

独自SSL設定を追加すると、『SSL新規取得申請中です。しばらくお待ちください。』と出ますのでしばらく待ちましょう….

SSL新規取得が終わりますと、以下の赤線部のように独自ドメインSSL化にmax1時間かかりますので、しばらく待ちましょう。

【SSL設定の一覧】のタブ画面を開くと、先ほどのドメインがSSL用アドレス表示に変更されているのが分かります・・・これで設定が完了です。

なお、先ほどの反映されるまでの時間を待たずしてSSL用アドレスをクリックしても、下のようなエラー表示画面が出てきます。

なので、しばらく待ってからSSL化されたURLをクリックして下さい。

WordPressの設定からURLを変更する

先ほどのSSL化されたURLでブログが開けましたら、                                次にWordpress管理画面の【設定】⇒【一般】を選択。

『一般設定』画面の

・Wordpressアドレス(URL)

・サイドアドレス(URL)

それぞれのURLの『http』部分を【https】に変更します。

画面を下へスクロールして、【変更を保存】をクリック。

【変更を保存】をクリックすると、ログイン画面に切り替わります。

これは『SSL化されたサイトに変更された』ということです。

URLを見ても『https』に変っています。

なので、もう一度ログイン入力して入ってください。

ログインしますと、緑文字で「保護された通信」の表示になります。                       (Google chromeの画面にて)

ですので、Wordpressのサイトは「暗号化された」ということになります。

【.htaccess】にhttp→httpsへリダイレクト用コードを設定

「.htaccess(エイチティーアクセス)」とは、Webサーバーの挙動を決定する設定ファイルで、独自SSLの設定が完了した時点では自動的に『https://~』のURLへ転送されません。

Webサイトすべての表示を常時SSL化するには、「http://」から「https://」にリダイレクトする設定を行う必要があります。

もしリダイレクト設定をしないと、『httpへアクセスしてもらっても、httpsへ引き継がれない』・・・という可能性があります。

なので、過去のhttpからアクセスされた全てのページを『https』へ訪問して頂く・・・という設定をしましょう。

まずは、エックスサーバーのサーバーパネル へログインして、サーバーパネルホーム画面の【.htaccess編集】をクリック。

ドメイン選択画面で、リダイレクトするドメインを選び、【選択する】をクリック。

下のような「.htaccess編集」画面に移ります。

右の【.htaccess編集】タブを選択。

「.htaccess編集」画面での【.htaccess】の文字列画面になります。

この文字列にhttpsにリダイレクトするための文字列を追加します。

【Webサイトの常時SSL化】というサイトを開いてください。(エックスサーバーマニュアルを参考にしたものです)

赤枠内の文字列をコピーして下さい。                                                 (先ほどの「.htaccess」の文字列にこの部分を追加するためです)

そして、画面の部分にコピーした文字列を貼付けて下さい。

その後、【.htaccessを編集する(確認)】をクリック。

確認画面にて、【.htaccessを編集する(確定)】をクリック。

これで「.htaccess編集」は完了です。

これで、エックスサーバーの「.htaccess」に「http→https」301リダイレクトの記述ができました。 

                                              この文字コードの「.htaccess」編集作業を行うことで、                              これまで『http://○○○』に来ていたアクセスを『https://○○○』にリダイレクト(転送)してくれます。

それでは、これにて説明を終わります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする