【Akismetプライバシーについて】のGDPR対策

WordPressダッシュボードをログインすると、画面上側に下のような『Akismetとプライバシーについて』の英文メッセージが表示されてると思います。

この英文を和訳しますと・・・

このような本文になります。(Google翻訳したもの)

要するにGDPRというのは↓↓↓

引用元:Wikipedia

EU一般データ保護規則(EUいっぱんデータほごきそく、英: General Data Protection Regulation; GDPR)(規則 2016/679)とは、欧州議会・欧州理事会および欧州委員会が欧州連合 (EU) 内の全ての個人のためにデータ保護を強化し統合することを意図している。欧州連合域外への個人情報の輸出も対象としている。

欧州の人の個人情報の保護が強化されたということです。それに対応してこちら側でもプラグインを設定して下さいね!というものがさきほどの英文の意味です。

Akismetの対策方法

先ほどのWordPressのダッシュボード管理画面の上側に表示されてる『Akismetとプライバシーについて』の下の方にある【有効化】をクリックします。

画面が切り替わり下の方へスクロールしていきますと、赤枠で囲んである「プライバシー」が今回追加された部分です。

「プライバシー」に、『コメントフォームの下にプライバシーに関する通知を表示する』にチェックが入ってるのであれば、右下の【変更を保存】をクリックして下さい。

自分のブログのお問い合わせフォームを見て下さい。

赤枠で囲ってる部分が追加されます。

結局、対策はやってた方がいいのかどうか?

2018年5月25日から欧州圏で『EU一般データ保護規則(GDPR)』なるものが施行されましたが、こういった規則性に関連するものはやっていて損はないと思います。

もし今後、自分のブログが欧州の人にコメントされるようなことが合った時、『あなたのブログは法令違反ですよ』という警告が通知されたらたまったもんじゃないですよね。

だったらそんなリスクを背負うくらいなら、対策をやった方がいいですよね。

作業的にも『有効化』を1クリックすればいいことですし、すぐに済みます。

ブログを運営していく上であらゆるリスクは避ける意味でもやった方がいいですね・・・

それでは・・・//

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする