WordPressを利用するメリット・デメリットとは・・

WordPressはCMSといわれるシステムで構成されています。

そのCMSとは、コンテンツ管理システム(Content Management System)の略称です。

Webページの記述言語であるHTMLやCSSを知らなくても、テキスト(文字)や画像といった素材を用意出来ればサイト制作が出来るとても便利なソフトウェアです。

WordPressのメリット

サイト構築が簡単

WordPressはHTMLやCSSを知らなくても文字入力や画像の貼付けで、簡単に記事を作成・更新ができます。

あと、文字の色や太さ・フォントなどを変えたりしてWord感覚で作成できます。

                                             カスタマイズが自由自在

WordPressは、カスタマイズの自由度が高いです。                                   スキルがあれば、ホームページのデザイン、構成などを自由にカスタマイズし                      サイト構築できます。

                                                    プラグイン

WordPressの特徴の1つにプラグインの豊富さがあります。

プラグインとは機能を追加するプログラムで、無料で追加していくことができます。

プラグインを利用すると、セキュリティー対策ができたり、問い合わせフォームを簡単に作れたりします。

ただし、プラグインを使用しすぎると、サイトの表示が重くなったりすることもあるのでプラグインの種類をインストールし過ぎるのはご注意です。

                                                 わからないことの解決策が多岐に渡る

WordPressの利用者は多数いますので、わからない所を検索すれば                            多数の情報が出てきます。

Googleの検索エンジンで調べれば大体の情報は出てくると思いますので、ぜひ調べて情報を得て下さい。

WordPressのデメリット

やはりメリットがあればデメリットもあります。

                                                 レンタルサーバー費用面

WordPressを運用するためにはサーバーをレンタルしなければなりません。

それに伴い、レンタル費用の方も発生してきます。

かといってそれほど高額ではありません。(月1200円ほど)

セキュリティー対策

WordPressはオープンソースですので、プラグインやテーマなど、無料で追加できるのですが、ハッカーからの攻撃に対し脆弱性があるといった特徴もあります。

なので、そういう面での対策をする必要があります。

WordPressのプラグインに「Crazy Bone」という、不正アクセスがどこからどれくらいきているかを調べる方法として便利なプラグインがあります。

バックアップ作業

WordPressを運用するためには「バックアップ対策」は絶対必要不可欠です。

WordPressのバージョンを更新した際に、画像が飛んでしまって見えなくなりました。      (自分も一度飛んだことがあります)

そうなるとまた同じ画像をアップロードし直さないといけなくなり、記事数が多くなればなるほど時間と手間がかなり取られます。

なので早めのバックアップ設定をおすすめします。

まとめ

WordPressのメリット・デメリットを説明しましたが、いかがでしたでしょうか?

デメリットに関しても、WordPressを運用していく上で避けては通れません。

メリット・デメリットを理解して頂いたうえで、WordPressの構築をしていってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする