【TinyMCE Advanced】のインストールと設定方法

今回は、記事投稿を追加したい機能を自分好みにカスタマイズできるプラグイン   【TinyMCE Advanced】のインストールと設定方法について解説します。

【TinyMCE Advanced】とは

WordPressの記事投稿画面で使う編集ボタンの種類を                    追加できる機能をもつブラグインです。

                                                         編集ボタンの種類とは、線や文字の大きさ・文字スタイル・リンクの挿入・・・などです。

                                               なので、例えHTMLの知識がなくても無料ブログのような感覚で              自由度の高いコンテンツを作ることが出来ます。

【TinyMCE Advanced インストール方法

WordPressのダッシュボード画面の左メニューから                                                  【プラグイン】⇒【新規追加】をクリック。

次にプラグインの検索窓に【TinyMCE Advanced】と入力し『Enterキー』を押します。

【TinyMCE Advanced】が出ましたら『今すぐインストール』をクリック。

下の画面になりましたら、『有効化』をクリック。

この画面になりましたらインストールが完了しました。

左メニューの【プラグイン】より、インストール済プラグイン欄に                           【TinyMCE Advanced】が追加されたことが分かります。

次に【TinyMCE Advanced】の設定に行きます。 

【TinyMCE Advanced】の設定は主に次の2点になります。

・記事投稿で使う編集ボタンの追加

・より細かい詳細設定にチェックをいれる

・・では設定に行きます。

【TinyMCE Advanced】設定方法

ダッシュボード管理画面の左側の【設定】⇒【TinyMCE Advanced】をクリック。

下の【エディター設定】画面が出てきます。

赤枠の範囲が現時点での投稿編集ボタンの種類です。

投稿編集画面も【エディター設定】の赤枠範囲と同じ状態です。(赤枠範囲)                                     つまりこの状態から追加していきます。

【エディターメニューを有効化する】にチェックを入れます。                                      下の【使用しないボタン】から追加したい項目を上の欄にドラッグします。

追加する項目は【スタイル】【下線】【横ライン】など好みの項目を追加していきます。

ちなみに【スタイル】をドラッグすると赤枠の様に移動します。

【使用しないボタン】一覧から移動した形になります(【使用しないボタン】からなくなってます)

現時点で何も追加する項目がなくても後で追加・変更することもできます。

さらにエディター設定画面を下にスクロールさせていきますと「設定」があります。

ここの「設定」画面で下の【リストスタイルオプション】と【フォントサイズ】にチェックを入れます。

より詳細な編集が出来ます。

・【リストスタイルオプション】にチェックをいれておくと「リストタグ」を使用した際に                                                ●や■など他の記号を使用出来るようになります。                               

                                          ・【フォントサイズ】にチェックを入れておくと上記の画像に記載されているpxの大きさを使用出来るようになります。

さらに下にスクロールします。

『高度なオプション』画面で、【段落タグの保持】のチェックを入れます。

※段落タグの保持

 記事編集時の不具合を抑えることができます。WordPressでは、一度、ビジュアルエディタで書いたものを、HTMLモードで修正し、再度ビジュアルエディタに戻った時に、不要なタグが追加されてしまうケースがあります。ここにチェックを入れることにより、その問題を少なくすることができます。

最後の『管理』項目になります。

こちらは、例えば別のWordPressのブログを立ち上げて最初からTinyMCE Advancedのエディター設定をするのが煩わしい時に使用します。

「管理」画面の【設定のエクスポート】をクリックします。

                                                          「設定のエクスポート」ボタンを押すと次のようが画面に移ります。

赤枠内に出てくるタグを全てコピーして(もしくは、下の「すべて選択」をクリック)、メモ帳などに一旦コピーしておいて下さい。

「管理」画面の【設定のインポート】をクリックします。

そうしますと下の画面になり先程コピーしておいた「タグ」を空白の部分に貼り付けて右下の「インポート」の青いボタンをクリックすれば完了です。

最後に右下の【変更を保存】をクリック。

【設定を保存しました】の画面になります。

以上でTinyMCE Advanced」の設定は完了です。

お疲れ様でした。

滅多に使わないボタンを増やしすぎても使いづらくなってしまうので、実際に使いながら自分好みにカスタマイズして行きましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする