WordPressバックアッププラグイン【BackWPup】設定方法

【BackWPup】とは

BackWPupは、WordPressで構築したWebサイトを丸ごとバックアップできるプラグインです。

WordPressのバックアップ時には、データベース及びサーバー上にあるファイルのバックアップができます。

サーバー上のファイル                                                画像、テーマ、プラグインなどの記事以外のファイル(ファイルサイズが大きい)

データベース上のデータ                                                  記事、カテゴリ、コメント、管理画面などの設定(ファイルサイズが小さい)

このプラグインは、一度設定すればサーバーのデータとデーターベースのデータのバックアップを定期的に行ってくれます。

バックアップの保存先は、様々なオンラインストレージサービスやFTP接続でのバックアップに対応しています。

ちなみにオンラインストレージの種類は・・                                       ・Dropbox                                                                               ・Google Drive                                              ・OneDrive

などがあります。

それでは【BackWPup】の導入方法を解説します。

【BackWPup】のインストール

WordPressのダッシュボード画面の左メニューから                                                  【プラグイン】⇒【新規追加】をクリック。

次に、プラグインの検索窓に【BackWPup】と入力し『Enterキー』を押します。

【BackWPup】が出ましたら『今すぐインストール』をクリック。

下の画面になりましたら、『有効化』をクリック。

この画面になりましたらインストールが完了しました。

左メニューの【プラグイン】より、インストール済プラグイン欄に                           【BackWPup】が追加されたことが分かります。

【サーバー上のファイル】の自動バックアップを設定

ファイルとデータベースのうち、『ファイル』を自動的にバックアップする設定をします。

ダッシュボード管理画面の【BackWPup】⇒【新規ジョブを追加】をクリック。

ここからはジョブを順番に設定していきます。

まずは【一般】のタグを選択。

『ジョブの名前』はファイルのバックアップだと自分でわかる名前にしましょう。           『ジョブタスク』は【ファイルのバックアップ】を選択。

アーカイブ名はデフォルトのままでいいです。

『アーカイブ形式』はバックアップするファイルの圧縮形式です。

Windowsなら【Zip】、Macなら【Tar GZip】にチェックを入れます。

『バックアップファイルの保存方法』は、ここでは【フォルダへバックアップ】を選択。

【エラー】の項目にチェックを入れると、バックアップ取得時にエラーが発生したときだけWordPress設定時に登録されたアドレスにメールが送信されます。

以上の設定が終わりましたら【変更を保存】をクリックします。

次に、自動で定期的にバックアップしてくれる【スケジュール】を設定します。 

【スケジュール】タグを選択して下さい。

『ジョブの開始方法』は【WordPressのcron】を選択します。                              <自動的にWordPressにバックアップを実行するということです>

『スケジューラの種類』は【基本】を選択します。

『スケジューラ』は【毎週】を選択します。

毎週指定した曜日(ここでは日曜)にバックアップしてくれるように設定します。

時間は夜中の3時の設定です。

(サーバー上のファイルは画像、テーマ、プラグインなどファイルサイズが大きくサーバーの負担のこともあり、アクセスが比較的少ないと思われる週末の真夜中に実行するよう設定します)

以上の設定が終わりましたら【変更を保存】をクリックします。

次に【宛先:フォルダ】タブを選択して下さい。

『バックアップを格納するフォルダ』は、別にデフォルトのままでもFTPソフトにサーバーとしてそのフォルダ名で格納されます。

でも、より分かりやすく格納管理するなら・・

【/home/○○.co.jp/public_html/wp-content/uploads/file-backup/】などと設定すると分かりやすいです。

『ファイルを削除』の数字には何回分のバックアップを保持するかを選択できます。      画像では15回=15週間分のバックアップが格納するフォルダに保持されます。

以上の設定が終わりましたら【変更を保存】をクリックします。

これで『サーバー上のファイル』のバックアップ設定は一通り終了です。

画面上に【今すぐ実行】のリンク表示が出ますので、それをクリックしてバックアップを確認してみましょう。

下のような画面の状態(上下とも100%)になればバックアップは成功です。

続いて、バックアップしたデータをダウンロードしよう

管理画面の左側の【BackWPup】→【バックアップ】をクリック。

表示されたバックアップファイルの下の【ダウンロード】をクリックして下さい。        Zipファイルがダウンロードされますので名前を付けて分かりやすとこへ保存して下さい。

保存先ファイルから赤枠の3つのフォルダの表示があれば、バックアップは成功しています。

データベースの自動バックアップを設定する

次にファイルとデータベースのうち『データベース上のデータ』を自動的でバックアップされる設定をします。

ダッシュボード管理画面の【BackWPup】⇒【新規ジョブを追加】をクリック。

【一般】のタグを選択。

『ジョブの名前』はデータベースのバックアップだと自分でわかる名前にしましょう。          『ジョブタスク』は『データベースのバックアップ』、『インストール済プラグイン一覧』     を選択。

アーカイブ名はデフォルトのままでいいです。

『アーカイブ形式』はバックアップするファイルの圧縮形式です。

Windowsなら【Zip】、Macなら【Tar GZip】にチェックを入れます。

『バックアップファイルの保存方法』は、【フォルダへバックアップ】を選択。

【エラー】の項目にチェックを入れて下さい。

エラーが発生したときだけメールが送信されます。

以上の設定が終わりましたら【変更を保存】をクリックします。

次に【スケジュール】タグを選択して下さい。

『ジョブの開始方法』は【WordPressのcron】を選択します。

『スケジューラの種類』は【基本】を選択します。

『スケジューラ』は【毎日】を選択します。

これで毎日1回定期的にバックアップを取れる仕組みが整います。

ファイルのバックアップよりサイズが小さいためサーバーの負担が少ない点と、記事の更新など日々行う作業にミスがあった場合にすぐ元に戻せるため、データベースのバックアップは毎日取った方が安心です。

以上の設定が終わりましたら【変更を保存】をクリックします。

次にサーバーのどこにファイルを保存しておくのかという設定に移っていきます。

【宛先:フォルダ】タブを選択して下さい。

【バックアップを格納するフォルダ】は、より分かりやすく格納管理するなら

【/home/○○.co.jp/public_html/wp-content/uploads/database-backup/】などと設定すると分かりやすいです。

『ファイルを削除』の数字には何回分のバックアップを保持するかを選択できます。           ここでは【30】と入力します。                                                                             これで30日分のデータベースのデータファイルが自動的に保存されるようになります。

以上の設定が終わりましたら【変更を保存】をクリックします。

そうしますと画面上に【今すぐ実行】のリンク表示が出ますので、それをクリックしてバックアップを確認してみましょう。

下のような画面の状態(上下とも100%)になればバックアップは成功です。

WordPressの記事のバックアップ

では、最後にWordPressの記事のバックアップについての作業に移っていきます。

ダッシュボード管理画面の【BackWPup】⇒【新規ジョブを追加】をクリック。

【一般】のタグを選択。

『ジョブの名前』は記事のバックアップだとわかる名前にします。             『ジョブタスク』は【WordPress の XML エクスポート】を選択。

アーカイブ名はデフォルトのままでいいです。

『アーカイブ形式』はバックアップするファイルの圧縮形式です。

Windowsなら【Zip】、Macなら【Tar GZip】にチェックを入れます。

『バックアップファイルの保存方法』は、【フォルダへバックアップ】を選択。

【エラー】の項目にチェックを入れて下さい。

エラーが発生したときだけメールが送信されます。

以上の設定が終わりましたら【変更を保存】をクリックします。

次に【スケジュール】タグを選択して下さい。

『ジョブの開始方法』は【WordPressのcron】を選択します。

『スケジューラの種類』は【基本】を選択します。

『スケジューラ』は【毎日】を選択します。

これで毎日1回定期的にバックアップを取れる仕組みが整います。

以上の設定が終わりましたら【変更を保存】をクリックします。

次にサーバーのどこにファイルを保存しておくのかという設定に移っていきます。

【宛先:フォルダ】タブを選択して下さい。

【/home/○○.co.jp/public_html/wp-content/uploads/XML-backup/】などと設定すると分かりやすいです。

『ファイルを削除』の数字には何回分のバックアップを保持するかを選択できます。           ここでは【30】と入力します。                                                                             これで最新の30日分(過去の記事データ含めて)のブログデータが自動的に保存されるようになります。

以上の設定が終わりましたら【変更を保存】をクリックします。

そうしますと画面上に【今すぐ実行】のリンク表示が出ますので、それをクリックして下さい。

下のような画面の状態(上下とも100%)になればバックアップは成功です。

WordPressのバックアップを確実に実行するために

これでプラグイン自体の設定は全て終わりですが、最後に確実にWordPressのバックアップを取るために覚えておいて欲しいことがあります。

これまで設定してきたのは、自動的にWordPressのファイルなどをサーバにバックアップするというものなので、万が一、サーバーに入れなくなった場合などはバックアップファイルを復元することはできません。

なのでこういう自体を避けるために、2週間に1回くらいでもいいので今回バックアップした3つのファイル【File backup】【Database backup】【XML backup】を手動で、自分のパソコンにダウンロードするようにしましょう。

方法は簡単で、ダッシュボード管理画面の【BackWPup】⇒【バックアップ】をクリック。

そこからバックアップの記録が出てきます。バックアップファイルは3種類あるので、3つダウンロードしていきます。

まずは【File backup】を選択している状態で、一番上のファイルの『ダウンロード』をクリックします。

そして次は上の選択肢を「File backup」から【Database backup】に変えて、「先を変更」をクリックして、『ダウンロード』をクリックします。

そして次は上の選択肢を「File backup」から【Database backup】に変えて、「先を変更」をクリックして、『ダウンロード』をクリックします。

このようにしておけば、サーバーに入れなくなった場合でもWordPressのサイトは復元できるようになります。

では、今回は以上になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする