WordPress メディア画像をフォルダ分けできるプラグイン【Media File Manager】

今回紹介します【Media File Manager】とは、画像ファイルをフォルダごとに分類して管理することができるプラグインです。

メディアライブラリの画像が少ない時はまだいいのですが、だんだん多くなってくると管理するのが大変になってきます。

例えば、ある記事を作成してるときに以前と同じ画像を再びアップしたい…そのときにメディアライブラリの中の画像が多いと探すのに手間がかかります。

ですが、この【Media File Manager】は画像をフォルダごとに分けて管理できますので、メディアライブラリの中から探す手間が省ける機能的なプラグインなのです。

あと、目的ごとに画像を分類したりするのにも最適なツールですね。                             ・アイキャッチ画像用
・サムネイル用画像用
・ヘッダ画像用
など、目的ごとにカテゴリで分けることもできます。

それでは【Media File Manager】の導入方法を解説します。

【Media File Manager】のインストール

WordPressのダッシュボード画面の左メニューから                                                  【プラグイン】⇒【新規追加】をクリック。

次に、プラグインの検索窓に【Media File Manager】と入力し『Enterキー』を押します。

【Media File Manager】が出ましたら『今すぐインストール』をクリック。

下の画面になりましたら、『有効化』をクリック。

この画面になりましたらインストールが完了しました。

左メニューの【プラグイン】より、インストール済プラグイン欄に                           【Media File Manager】が追加されたことが分かります。

WordPress管理画面の左メニューの【メディア】項目に【Media File Manager】       というメニューが新たに追加されます。

【Media File Manager】をクリックすると下のような「Media File Manager」フォルダ群が表示されます。

左右に同じフォルダが表示されていますが、これは画像ファイルやフォルダを選択して   『左から右、右から左へ』と移動するためです。

Media File Managerの使い方

上にある『+』アイコンをクリックして下さい。

 

新規フォルダ作成入力欄が出てきますので、好きなフォルダ名を入力下さい。          その後、「OK」をクリック。

例)『media-file-manager』と入力しそのフォルダを新規作成します。

すると、左右に同じ名前のフォルダが作成されます。

次に、アップロードした画像ファイルをフォルダ分けしてみます。

画像ファイルをアップロードして下さい。
画像の様に画像ファイルをドラッグして下さい。

すると、下の様にファイルデータが表示されます。                  (今回記事に挿入する画像ファイルです)

ではもう一度、【メディア】⇒【Media File Manager】のメニューをクリックして下さい。

先ほどの「media-file-manager」フォルダを選択。                                              (左右どちらの側のフォルダを選択しても構いません)                              

「media-file-manager」フォルダが開きますが、新規作成したばかりのフォルダなので中には何もありません。

次は、「media-file-manager」フォルダに保存したい画像ファイルを、右サイド画面から選択します。

アップロードされたときは、フォルダは年月ベースに整理されています。

今回2018年フォルダ内にある「01」フォルダから、すでにアップロードしておいたこの記事に挿入するファイルMedia-File-Manager-1.jpg」だけを選択し、真ん中にある左向きの◀マークをクリックします。

すると、選択した画像「Media-File-Manager-1.jpg」が、                  左サイドの「media-file-manager」フォルダに移動します。

以上で画像ファイルのフォルダ分けは終了です。

その他の使い方

WordPress管理画面の左メニューから【設定】⇒【メディア】をクリック。

【メディア設定】画面になり、画面下の『アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理 』の✔マークを外せば、アップロードしたメディアはすべて「uploads」フォルダ直下にまとめて保存されるようになります。

「uploads」フォルダ直下に保存とは、下の赤枠の画像ファイルのような場所に保存されるようになります。                                                年月ベースに整理保存されるか否かの違いです。

この場合も先ほどと同じように「Media-File-Manager-20.jpg」「Media-File-Manager-21.jpg」だけを選択し、真ん中にある左向きの◀マークをクリックします。

「uploads」フォルダ直下に保存された画像ファイルは、「media-file-manager」フォルダに保存されます。

今回【Media File Manager】プラグインをインストールすることによって、投稿画面左上に作成される『Media-selector』ボタンが追加されました。          

フォルダ単位で画像ファイルを表示させる機能【Media-selector】

「Media-selector」ボタンをクリックするとフォルダごとに画像を絞り込むことが出来ます。

Directoryの項目でフォルダを選択して、表示された画像ファイルをクリックし、画面下の投稿をクリックするとその画像が挿入されます。(表示はDisplay項目でTile)

まとめ

今回【Media File Manager】プラグインをインストールすることによって、今まで画像がメディアライブラリにアップロードされた順に羅列されてた状態が、フォルダごとに分類できることで管理しやすくなります。

また同じ画像を2重にも3重にもアップロードする必要もなくなり、容量削減にもつながります。

是非色んな方法でフォルダ分け管理をしてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする