FileZilla サーバー接続方法

前回はFileZillaのインストールの解説でしたが、今回はインストール後の【サーバーの接続方法】について解説します。

FileZillaの概要とインストール方法については、前回記事をご参考になさってください。

FileZilla(ファイルジラ)のインストール方法

エックスサーバーの接続方法

前回記事のインストール後の「FileZilla」が起動した画面を見てください。

画面左上の赤枠で囲ったボタン【サイトマネージャを開く】をクリックして下さい。

【サイトマネージャ】が開きます。                                        「サイトマネージャ」では、サーバーに接続するための設定を行います。                               下の赤枠の【新しいサイト】をクリック。                                   

「自分のサイト」の下に【新規サイト】が新たに作られました。                                    この【新規サイト】を好きな名称に変更して下さい。  

※画像の様に青く反転してる状態ですと、そのまま入力変更でます。                       入力変更できない場合は、下の【名前の変更】ボタンをクリックして名前を変更して下さい。名前はどのサーバーから接続したかがわかるような名前が宜しいかと思います。                                                                

ここでは【エックスサーバー】とします。

次に『サイトマネージャ』の右側に接続先のサーバーの情報を設定していきます。

                                                           エックスサーバー契約時に【Xserver■重要■ サーバーアカウント設定完了のお知らせ(試用期間)】メールが送られてきますので、そちらを開きます。

メールの途中あたりにあります『FTPホスト』『FTPユーザー』『FTPパスワード』の情報がサーバー接続設定をする時に必要になります。

それでは『サイトマネージャ』の右側に、先ほどのメールのサーバーアカウント情報を入力していきます。

上から・・                                                                       ホスト(H):『FTPホスト』情報を入力またはコピぺ                               ログオンの種類(L):【匿名】⇒【通常】へ変更                                                     ユーザ(U):『FTPユーザー』情報を入力またはコピぺ                          パスワード(W):『FTPパスワード』情報を入力またはコピぺ 

最後に一番下の【接続】をクリック。

下のような画面が出ましたら【OK】をクリック

画面の見方

これにてサーバーの接続が完了し、画面の右側(赤枠)『リモートサイト』内にサーバーの情報が表示されました。

上下2つに分かれているうちの上半分は、サーバーの中にあるフォルダの全体の様子が表示されます。                                                                                                                                                                                                                                                                                             下半分は、上の方で選択したフォルダの中身が表示されます。

下の画像ではエックスサーバーのドメインと独自ドメイン2つが表示されています。          例えば、赤枠の部分ドメイン名【vetelgyus.xsrv.jp】ダブルクリックします。              (赤枠部分は各個人の設定よって違ってきます)

上半分のドメイン名【vetelgyus.xsrv.jp】の中身が下半分に表示されます。                        下半分の青枠【public_html】をダブルクリックして下さい。

上段の【public_html】フォルダの中身が、下半分の赤枠に表示されます。

さらにその下の赤枠の『4個のファイルと5個のディレクトリ』ってありますが、これは【public_html】のフォルダの中に「4個のファイルと5個のフォルダがあります」という意味です。(フォルダとディレクトリは同義です)

【public_html】のフォルダの中の赤枠内にファイルをドラッグすることで、サーバーに転送することができます。

※この【public_html】フォルダは、XserverでWordpressをインストールするとき自動的に設置されます。

最後に・・

これにて「FileZilla」のサーバー接続方法の解説は終わります。

いかがでしたでしょうか?

『なんだか難しそう・・』と思われたかもしれませんが、確実に一つ一つ作業していくうちにだんだんと慣れていきますので、どんどん進めていってくださいね。

次の記事では、画像ファイルやレポートをサーバーにアップロードすることで、メルマガやブログで添付すると読者さんに見てもらえたり出来る便利な方法です。

ファイルのアップロードとアクセス方法

また、『こういうことも教えてほしい』などがありましたら、                                                        ぜひメッセージを下さい。

↓↓↓

メッセージを送ってみる♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする